私たちの心や身体をコントロールしている微生物の働き

人間の体内には、8000兆の微生物が棲みついており、人の心身の状態をコントロールしています。

超高速コンピューターや遺伝子配列解析装置の開発によって不可能であった分類や解読が可能になり、微生物が作る体内の生態系が、人間が作る事の出来ない体内の有益な物質を生み出したり過剰な免疫反応を抑えたりしている事が解明されました。

 

      ケプリは 100%天然成分の「善玉微生物群」です

 

▪️健康だけではなく、思考や気分に影響する微生物の働き

微生物はヒトと共に進化し、口腔や腸管、鼻腔、耳腔、皮膚などで生きて全身に及んでいます。その種類や組成、密集の度合いは場所によって異なり、ヒトの免疫系や病気への抵抗性に重要な役割を果たしています。その上、腸管などにいるフラジリスという細菌が、自己免疫疾患を抑制する事、肥満を抑制する腸内微生物である事も分かってきました。

ヒトはほぼ無菌状態で生まれた後、それぞれが母親や周囲の環境から微生物をもらい、固有の細菌叢(さいきんそう)を形成します。
ヒトの身体の内外すべての器官で協調して働く微生物の生態系を微生物群を「マイクロバイオーム」と呼びます。
体内の微生物群の乱れがアレルギー、動脈硬化、糖尿病、多発性硬化症といった様々な病気の発症に関係しているという証拠が見つかりつつあります。
胃腸にすむ細菌が、健康状態だけでなく、思考や気分に影響を及ぼす事も指摘されています。

▪️現在私たちは病気になり易く「現代の疫病」に苦しんでいます。

過去1世紀半の間に先進国の人々は健康になりました。環境衛生の改善、ネズミの駆除、安全な水、幼少期のワクチン、近代医療、麻酔、抗生物質使用が貢献しました。

しかし過去数十年の間、こうした医学の進歩の中で奇妙な事が起こっています。
私たちは現在、病気になり易く「現代の疫病」に苦しんでいます。
その疫病とは、肥満、若年性糖尿病、ぜんそく、花粉症、食物アレルギー、胃食道逆流症、ガン、セリアック病、クローン病、潰瘍性大腸炎、自閉症、湿疹などです。
これらの病気の症状は慢性的で何十年にも渡って患者を苦しめます。
また、最も顕著な現代の疫病と言えば肥満です。
たった20年の間に世界的な問題となり、肥満は動脈硬化や糖尿病をはじめ、心筋梗塞、脳卒中など驚くほど多くの病気を招く要因になります。
近年ぜんそくが多く発症してますが、それに加えて食物アレルギーや花粉症も増加しています。さらに、慢性的な皮膚の炎症である湿疹を持つ子供の数は、先進国において過去330年で3倍に増加中です。
こうした病気や失調は、子供達が免疫系の機能不全を起こしているからと考えられ、自閉症やクローン病、潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患の頻度は上昇し続けています。
これらの増加の理由は、病気そのものの変化ではなく、私たちの内なる何かが変わったのです。
抗生物質の多用や滅菌の拡がり、帝王切開により、ヒトの免疫系や病気への抵抗性に重要な役割を果たしている微生物群の一部が失われようとしています。
これからの私たちの健康を保っているのは私たち自身の微生物群(マイクロバイオーム)なのです。

▪️善玉微生物の豊富な環境を作り病気を予防する

最新の研究で健康と微生物の関係が明らかにされています。
自然界には多くの有用微生物が存在していますが、都会に暮らす人たちにとって、取り巻く環境から自然に微生物を取り入れることが難しくなっています。
自然界から離れているお部屋を良い菌いっぱいの環境にするには、自然界に存在する有用菌をプラスして、善玉菌優勢の状態をつくり、日和見菌をも取り込んで健康環境を整えることにあります。